最高級の福地ホワイト六片はここが違う

福地ホワイト六片は、青森県内で生成培養されているにんにくになります。
原産地です青森県内福地村で、スノーという眩しい白いから「福地ホワイト」と名付けられました。
福地ホワイト六片の特色としては、1玉が6片に分かれてるという意味ではありません。
1玉に、通常4〜6片と低いのですが、その一粒が広くハリがあることです。
また、その粒が著しいだけでなく栄養分も、他のにんにくと比較しても優れています。
本日、国内でのにんにくの中では最掘り出し物とされています。
違うのは、がたいがおっきいことと、色合いが白いことです。また、中国産がそれほど販売されていますが、こちらは12片原材料になり外観から違うのがわかります。
福地ホワイト六片の、出汁を表すのにその甘さが感じられることです。
それは、こういう福地ホワイト六片には糖度があることを示しています。
最掘り出し物であるからこそ、中国もブランドにんにくとして販売されるほど、うわさはとても厳しいものです。