にんにくの最ハイクオリティ銘柄の福地ホワイト六片

「福地ホワイト六片素材」は、青森県内で培養されているにんにくの階級の一つで、にんにくの最エクセレント品名として全国的に知名度があ
ります。原産地が青森県内福地村(現南部表通り福地ゾーン)であり、実がスノーのように白いことから、「福地ホワイト」と名付けられました。本日
から40クラスほど前に、青森県内田子表通りで培養が始まり、現在では県南の多くの方面で培養されています。これらの方面は冬の積雪件数が比率低く、雪解けが速い結果、春の陽射しを存分に吸収することができるという利益があり、他の方面から成長し易く大粒のにんにくができるのです。「福地ホワイト六片素材」の得意は、実がスノーのように白く、最初粒最初粒が凄まじく糖度が厳しいということです。生で食べても加熱しても甚だ味覚がかわいらしく、味も凝縮でコクがあって味わい深く、きめ細やかでポカポカしています。なお、六片素材という名ではありますが、必ず1玉が6片に分かれているわけではなく、1玉度合い4〜6片になっています。